コンセプト

共生社会の創造へ

「貧困」「飢餓」「気候変動」「エネルギー」「教育」etc…たくさんある社会課題の中、「妊活・不妊」の課題を解決することで多様性の実現に繋がり、共生社会の創造に向かうことができると考えています。

多様性を認め合う社会へ

今、5.5組に1組のカップルが「不妊」に悩んでいます。また、体外受精や顕微授精など高度生殖医療技術によって生まれた子どもは、約17人にひとり/年と年々増加しています。このような状況中、いまだに不妊は特別視され、そして不妊に悩む当事者たちは残念ながら孤立しています。
不妊を経験した私たちはこう思います。
「不妊」は特別ではない。不妊に関わること全てのことを「事実、ありふれたこと」とする。
特別視されない、働きたい&産みたい企業環境を創造することで、多様性を実現できる社会、共生社会を目指していきます。

Fine妊活プロジェクト-みらいAction-
タイトルとURLをコピーしました